目の周りが痒いー

面周りが痒くて痒くて困っています。
すぐにステロイド、は怖いし、様子を見るといってももう長いので、薬っぽいものを買って試してはいますが、まだ痒い。
これ、そのうち治まってくるのかなー?
薬っぽいものはクリームでした、結構な値段だったので、少しは聞いてくれないと困る!
痒くて掻いてるうちに肌が炎症を起こしてしまっているような気もするし。
鏡を見るのも億劫でしてません。
アトピーもあるけど、なんかこれはまた違うような気もするのですよ。
あーー困った。
昼間はマフだいいんだけどね、夜中に痒くなるのです、眠れない。
または無意識にすごい掻いてて、皮膚がーーー!
目の周りが荒れているってなんか怖い人みたいでしょ?目も見えにくくなってくる感じ。
それに、目の周りは書いてはいけないと眼科の先生も言うしね。
(でもかいちゃうんだよねーー)
薬よ、きいてくれー〜。
他の薬を試す、、、も、面倒だーーー!

タイガーアイ

タイガーアイ、というと、女性が好きなパワーストーンを思い出しますが、火打ち石としても有名です。
硬い石ならなんでもいいみたいですが、タイガーアイはその1つです。
もう1つ、火を起こすには道具が必要ですけどね。
タイガーアイ、と言っても、丸く加工されたパワーストーンではひは出にくいはずです、
思い切りこすって火を出すには、あの大きさ(アクセサリー?)では難しいよね。
火打ち石としてのタイガーアイ、で探すとネットで出てきますよ。
しかし、ライターで火はつけられるのにね、今時火打ち石で火をつけるなんてことしないか。。
キャンプではこれができると大もてでしょうけどね、、(男性陣、頑張れ!)。
タイガーアイ、そういう意味で見るビーズ 興味深くてハマってしまいました。
少々金額はしますが、持っているといいかも。
パワーストーンとしてもいいですよね。
要は自分が何を目的で、どう思って持っているか、ですから。
ということで、火打ち石用のパワストーンを探しています、安くていいものがあったら買うつもり。
、、、文句ある?

USBに入れた

今時、、、って思うかもですが、移動の際に、USBに資料を入れて持ち運んだほうが便利なことがあるので、USBも活用しています。
それに入れて持ち運ぶのですが、、、あれ?違うのを持ってきちゃった?、、てなことがありました。
全部持ってたからよかったのですが、焦りますわーー。
大事な会議に使う、、、でもなかったけど(笑)、、でも、私としたことが、、という自己嫌悪だった。
全部持ち運ぶ、、、といっても実は半分くらいで、その中にあったからよかったんですけどね。
もう最近こういうことが多くて困ります。
これに限らず、やることの多くが「あれ?」ってなって焦る。
心臓に悪いです、マジで。
ちゃんとしなくちゃ、定式があるのは当然ですが、ダメな自分、に、腹が立つ。
今回のことに限らず、です。
たまには何も考えずにゆーーっくり遊びに行きたいなーー。
マッサージもうけたいなーー。
あれ?マッサージっていけるの?このコロナで。。。
、、、って、そんなことも知らない世間知らずです。
それでも頑張りますーー。

誰もが頑張っています

コロナで仕事が減った、無くなった、または仕事量は同じでも給料が減った、とかありますね。
それによって生活に制限がかかってしまった、と。
要するに、買いたいものも買えず、行きたいところへも行けなくなった、ってことです。
これね、、、何行ってるかわからないかもですが、
他人にも迷惑がかかります
コロナで収入が貼って、は、仕方がないこと、
でも、約束を破ったり、やるべきことをしない、ってことがあるんです。
ちゃんとやりましょうよーー(プンプン)。
いい加減な人が多くて困る、そのいいわけとしてコロナを使う。これはずるいです。
やる、やりましょう、ってなってることは、、やろうよーー、無責任な人がいますーー。
コロナは関係ない、なんでもコロナのせいにしていたらそれこそ負けなのです。
誰もが頑張っています。
自分だけじゃない。
そこがわかれば、少し楽になれるかなって思うのです。
皆で協力していけますように。早くコロナが収束しますように。

売れなかったら意味がない

何かの商品、サービスを企画しても、それが売れなかったら何もならない。
だって売るためにやってるんでしょ。売れなかったら仕事にならないよね。
ある人が「売れるためには!」みたいなセミナーを開いていて、それを聞いてみたのですが、その人も「売れるためには!!」なので、「売れなかったら意味がない」と強く言っていました。
このかたはセミナーですでに収入は入ってきてるので(笑)いいですよね。
そうじゃなくて、聴きに来ている側は、「それをしたら売れるの?」と言う話を聞いています、私も聞いたわけです(ユーチューブでね)。
それをしたら売れるのか、ですが、やってみなくちゃわからない。
結局そこ。
やってみなくちゃ何事もわからないのです。
だから、その人の話を聞いても行動しなかったら何も変化はない。
そこがまずわかってない。
「そんなことしても・・・」で・・・やらない。
やらなくちゃ結果は出ないでしょ、、何考えているのやら。
と言うことで、、、「やれやれ、、」と思うことがいっぱいです。

大使館って。。

聞いたところによると、空港内(出国審査が終わってからのエリア)とか、大使館内は地検法外。
警察はどうしようもない、というわけ。
だから大使館内で殺人が起こっても捕まえることはできないのです。
(確か空港もそうだったような)
それがゆえに、大使館から物件を貸してくれ、と言われても、その建物の大家、オーナーは、
嬉しい反面、どうにもならないことがあるとか。
(なにもないのでしょうけどね、フツーーは)
不動産業にとって、大使館みたいな公的なところから物件を借りてもらえるって名誉なことだし、お金の取りっぱぐれもないだろうけど、でも、そう言うデメリットもある、ってことらしいですよ。
そんな、、一般的なビルは大使館は借りないでしょ、、って?
そんなことはないみたいですよ、、、小さな国では、小さなビルの一部屋を借りることがあるんですって。
「え?ここに大使館が入ってるの?」って言うビルってあるらしく。
どこにどんな大使館があるのか、今度しらべてみますねーー。
なんか面白そうー。

イヤリング

イヤリングをしてる女性(男性も?)多いけど、選ぶ基準って何ですか?
その日に着る洋服?色?形?値段?
総合してみますか?
では、もし自分がイヤリングを作るとしたら?
難しいですねーー、、、売るのと買うのとでは全く違うから。
でも、作る側になってみると、「あーここはこういうのがいいのに、こういう理由でこれになるんだー」
(おい!!全然わからないぞーーー笑)
とかがわかってきます。
無理難題を言ってもしょうがないことがあるのだ。
とはいえ、自分の思い通りのものができたらいいよねーー。
個人で、主婦とかでも自分で手作りしたアクセサリー、イヤリングなどを売ってる人は大勢います。
ツールを使うことが多いですね、、、ここでは名前は書きませんけど。
需要があって、供給がある、、いいことだと思います。
なので、個人でイヤリング作成してる人って多いし、できるんです。
その時に「自分はこれが好きだけど、これだと売れないから、不本意だけどこれを作ろう」
ってことも出てきます。
、、、難しいんだよねーー、ここが。

ビフォー・アフター

テレビで、家の建設での「ビフォー・アフター」と言う番組、まだやってるんですね。
ちょっとびっくりです。テレビ、あまりみないもので。。
この番組、以前は毎週見てました。週末のいい時間いやってたんです。
そして会社で「昨日のビフォー・アフター」みた?なんてやってました。
「なんと言うことでしょう!!」と言うフレーズも好きでした。
きっと予算をオーバーして番組が大s照るんだろうな、とかね、、そんなことを同僚と話してましたよ、懐かしい。
その番組がまだやってるので、人気があるんだろうなー。
コマーシャルがどんなだったか覚えてないけど(!)、そう言う建築関係のスポンサーがついてるのかな。

あそこで設計したり施工したりする人も有名になって、番組のあとは仕事がいっぱい来るようになるのかもですね。
(適当なこと言ってます)
あそこで紹介された家も有名になるんでしょうねーー、住所は出てないけど。
わかりますよ、特に今の時代は。
だから何、はないけど。
有名になると面倒だからそこは気をつけてね。
今後もまだまだ続くであろうこの番組、、、またみてミアmす!
これからも頑張ってください!

多言語のやりとり

まーだいたいは、第二言語といえば英語なのでしょうけど、そうじゃない言語になったら、皆さんはどうしますか?
スペイン語、インドネシア語、ヒンディー語、など。
アルファベットならまだいいけど、アラビア語などになってくると、読むことも出来ません。
そうなったら、ちゃんとした翻訳者なりを使って、訳してもらうことになるのですが、
誰を選べばいいのか、、、そもそも、、どうやって「選ぶ」までいきつくのだ。
けっこう大変な作業です。
でもしょうがない、やらなくちゃいけない。
自分でこんなことできない。
今はインターネットで、どんな言語でもだいたい、日本語で翻訳が出来る人ってでてくるものですが、
昔はねーー、、、って、「むかし」って使うとすごい年寄りみたいですけど、
年よりなんですよーーー(笑)。
アラビア語の翻訳をしてほしい、ってことで検索するとでてくるので、
アラビア語くらいになると選ぶほどないかもで、すぐに決められます。
えいごになるとね、、ピンからキリまで、ですねー。
数が多すぎます。
プロじゃなくても英語でなら出来る人ってそのへんにごろごろいますしね。
なので、もし翻訳をやるのなら、英語も出来るけど、なんとか語ができます、って人だと需要があるのだと思いました。

3月に?

イギリスの元サッカープロ選手、デイヴィット・ベッカムと、奥様のヴィクトリア・ベッカムは、
実は3月にすでにコロナに感染していたらしいです。
重くなかったみたいですねー。でも感染してた。
高級住宅地の別荘に長期滞在していて、14日間よりも長い間そこで自主隔離してたみたいです。
まわりでは重症になった人もいて、これってどこがしアホ、はないのですが、
なんか申し訳なかったみたいで、すごいお見舞いをしたらしい
自分たちが感染してて、それを広めたとなったら問題ですもんね。
でももうこういうのは五一個なし。
分からないのですから。

これが明かされた時の周りの意見は「その後の処置が良かった」というもので、多くは好意的。
さすがベッカム夫妻というところか。。
3月って、ロックダウンになったのが3月の終わりころだから、その前ならなおさら「しょうがない」ですよね。

これからもまたいろいろな場で姿を見せてくださいな。
ヴィクトリアは笑わないけど、、笑

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク